2007年 05月 15日
Tokina AT-X M100 PRO D  初陣!!
前回のエントリーの最後に要らぬ一文を書き、
自らハードルを上げてしまった事に
激しく後悔している、jin-naでござる。。。

作例と呼べるものではございませぬが、
使用感などをレビューさせていただきまする。


Nikon D50+Tokina AT-X M100 PRO D
f0132722_23541479.jpg

まず、使用して真っ先に気に入ったのは
AF ⇔ MF の切り替えがとっても便利な事。

レンズの先端部を前後にカチッと動かすだけで
“ はい完了♪ ”

すこぶる快適で、
“おぬし、やりおるな!” と何度も褒めました。

純正60microも、これにしてくれたらいいのに。




次に、ピントリングのトルク感が、これまた良い☆
←のように飛び回るハチさんにも、ピタリと合わせられます。

。。。

ちょっと、ウソ。  
イイのを選びました (^ ^;)
しかも、これは飛んでません (自爆)

でも、トルク感はホントによく、
ピントあわせ時に、行ったり来たりが減りました。



f0132722_23561093.jpg


解像感はマクロレンズだけあって文句ナシです。
赤い花びら。。。
質感も見事に再現できています。
このレンズで、mamaのポートレートでも撮ったら
『 ちょっと、どこまで写してんのよ!! 』 って怒られそうです。

ってこんなこと書いてるほうが、よっぽど怒られそうですが。。。

100㎜って焦点距離も良い感じ。
このぐらいの写真なら、難なく手持ちでいけます。



f0132722_2357405.jpg


背景のボケに関しては、あまり良いのがありませんでした。
↓のとかが、まだ参考になるかなぁって感じです。

当倍で硬貨などを撮ってたら、あまりの被写界深度の浅さに失禁しそうになります。
これはいずれ、60microと撮り比べてみたいです。



f0132722_23564673.jpg



この写真は、オマケ。



だって、このアングルなら60㎜のほうが撮りやすいですから。。。

まぁ、ボケ具合の参考としてください (^ ^;)





被写界深度を掴むのに、もうすこし、使い込みが必要かなぁ。

じゃじゃ馬っていう感じではないですが、うまく乗りこなしたいです☆





次回は、点光源の丸ボケについてです。

(あっ また、やっちゃった。。。)
[PR]

by jin-na | 2007-05-15 00:04 | マクロ


<< Tokina AT-X M10...      荒武者 降臨☆ >>