2007年 12月 17日
銀塩デビューへの道のり 2


下のエントリーでは、温かいコメント、ありがとうございました。


でも、やっぱりこのカメラ、完全にマニュアル機のようです (^ ^;)
ファインダーの中にも、露出計の類は、一切付いておりませんし、カメラ本体にもございません。。。


じゃあ、素人がどうやって適正露出を得ていたかっていうと、



   Nikon D50+Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
f0132722_21971.jpg

こんなアクセサリーがありました。
ホットシューのところに乗っけて、シャッタースピードダイヤルと連動させて使うそうです。


とにかく道具を大切にする、我がオヤジ殿なので、露出メーターも壊れてはなさそうなのですが、
残念な事に、これの電池は水銀電池で、現在廃盤となっております(^ ^;)

そうなってくると、jin-na がこのカメラでちゃんとした写真を撮るには、

① D50を単体露出計の代わりに使う。
② 面倒なので、勘で大体あわせちゃう。

の2択になりますが、どっちにするよ、俺 ??



f0132722_2192580.jpg


でも、悪い事ばっかりではないんです。



例えば、レンズケース。




外は革張りの上、中にもしっかり装飾されており、

可愛さ満点な商品です。

ポッチで留めるところもポイント高し。




早速、カメラ屋のおっちゃん選択の

SUPERIA Venus 400 で使ってみます。



※ 同じような内容なので、コメントはこちらにお願いします☆


[PR]

by jin-na | 2007-12-17 21:57 | カメラアイテム


<< 万歳! 夫バカ ☆      銀塩デビューへの道のり >>